• HOME
  • 相続相談実例

相続人同士でもめて、遺産分割が出来ないケース(群馬県太田市)

状況


相談者の立場 被相続人 相談者以外の相続人 相続財産
相続人(二女) 母、長女 ・土地、建物 6,000万円
・預貯金 2,000万円
・その他 不明

 

相談内容

相続人間で遺産分割について揉めて、お互いに顔も見たくない状態で話が半年以上進んでおりません。父の財産の内容は母でないとわかりませんが、太田市内に土地がたくさんあるので相続税の申告が必要かと思いますがどうしたらよいでしょうか。

解決内容

遺産分割が行われていない場合(未分割)でも、法定相続分で相続したとして申告・納税を行えます。そして、分割が決まり次第あらためて申告納税をし、精算されることになります。土地と一部の預貯を相続財産として、相談者である二女のみが仮に申告し、納税しました。

相続人が妻だけのケース(群馬県太田市)

状況

相談者の立場 被相続人 相続財産
相続人  ・現金預金:7500万円
・土地建物:2000万円
・有価証券:1000万円
・その他:500万円

 

相談内容

夫が亡くなってお子様がいらっしゃらないとのことでした。相続手続きと相続税の申告のご依頼でした。

解決内容

相続人は奥様だけでした。相続税は配偶者控除で相続財産が1億6000万円まで相続税が課税されない旨をご説明し、相続税の申告書を税務署に提出して申告を完了し、あわせて手続きも済ませました。奥様には兄弟姉妹が5人おり、既に亡くなられた方もいらっしゃいました。諸般の事情もお伺いして公正証書での遺言書を作成することをご提案させていただきました。

相続人に認知症の姉妹がいるケース(群馬県桐生市)

状況

相談者の立場 被相続人 相続財産
相続人 
・長男(東京都)
・二男(埼玉県)
・土地建物:4000万円
・預貯金:2000万円 
・有価証券:1000万円

 

相談内容

不動産が足利市と太田市にあり、預金も足利市のいくつかの金融機関にあります。相続人はいずれも都内に勤務の会社員で相続税の申告や相続手続きを進めることが難しい。

解決内容

相続人はこちらに帰ってきて相続の手続きをすることが出来ないので、相続手続き一切をお願いしたいとのことでした。平日に地元に来て手続きを進めることは難しいと思い、土日の面談と郵送でのやり取りによることで、相続手続きの全てをご依頼いただきました。預貯金につきましては、残高確認から解約まで一切をお任せいただき、遺産分割協議書の作成から申告手続きまで土日を利用して面談を進めました。

突然相続税の申告書が、税務署から送られてきたケース(栃木県足利市)

状況


相談者の立場 被相続人 相談者以外の相続人 相続財産
相続人(長女) 長男 ・土地:4500万
・現預金: 500万

 

相談内容

税務署から突然相続税の申告書が郵送されてきました。長男である兄は相続税申告に関心が無く放置してあったのですが、どうしたらいいでしょうか。

解決内容

申告期限2カ月前のご相談でした。相続財産に不動産が多い場合は、相続税の申告書が送られてくるケースがあります。試算したら申告の必要がありましたので、至急財産評価を進め、期限内の申告納税を済ませました。

相続人に認知症の姉妹がいるケース(群馬県桐生市)

状況

相談者の立場 被相続人 相続財産
相続人 現金預金:7500万円       
土地建物:2000万円      
有価証券:1000万円      
その他:500万円

 

相談内容

夫が亡くなってお子様がいらっしゃらないとのことでした。相続手続きと相続税の申告のご依頼でした。

解決内容

相続人は奥様だけでした。相続税は配偶者控除で相続財産が1億6000万円まで相続税が課税されない旨をご説明し、相続税の申告書を税務署に提出して申告を完了し、あわせて手続きも済ませました。奥様には兄弟姉妹が5人おり、既に亡くなられた方もいらっしゃいました。諸般の事情もお伺いして公正証書での遺言書を作成することをご提案させていただきました。