延納と物納

zyosei.JPG 「家族が亡くなり、突然相続が発生してしまった」というケースは多く見られます。
そして突然多額の相続税を支払わなければならなくなってしまったという場合も多いでしょう。

このように急に発生した相続税を一度に払えない場合には、延納物納が認められます。

延納について

相続税は原則として一時期に納付するものです。
しかし、一時に納付することが困難な場合には一定の手続と条件のもと年賦延納が認められます。

延納には年3.6~6.6%の利子税を支払う必要があります。
延納の分割は原則として5年~20年の延納期間が認められています。

 

延納の条件

・相続税の納税額が10万円を超えている場合

・相続税の納税額が50万円以上または延納期間が4年以上で担保を提供できる場合

・延納申請書を相続税の納税期限までに税務署に提出した場合

 


延納の期間や利子税については、相続財産に何が含まれているか、担保として何を提供できたかによって異なります。

延納は分割で納付できるということで便利な方法ですが、長期間にわたって利子税がかかってしまうなどの負担もあります

金融機関から借り入れをして一時に返してしまった方が利率が低いという場合もありますので検討が必要です。

 

物納について

延納でも納付が困難な場合には、一定の手続と条件のもと物納が認められます。


物納とは金銭の代わりに、有価証券や不動産などの物で納める方法です。


物納できる財産は、何でもよいというものではなく国が管理処分するのに適したものでなければなりません。

 

以下の順番で物納の対象になります。

第一順位 国債、地方債、不動産、船舶
第二順位 社債・株式などの有価証券
第三順位 動産

 

物納する場合には、物納申請書を相続開始から10ヶ月以内に税務署に提出しなければなりません。

また、物納の手続後、一定期間内に限り物納を撤回して本来の金銭による納付に戻すこともできます。

 

当事務所では無料相談会を随時開催しております。
詳細に関しましては、以下をクリックしてください!お問合せもお気軽に!

toiawasebn.PNG
 
※フリーダイヤルがつながらないときは、0284-71-8500までお電話ください。
※ご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
お電話やメールのみのご相談はご遠慮いただいております)
お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。
ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。
 

事務所の詳しい情報はこちら

詳しくはこちらをご覧下さい。

事務所紹介

スタッフ紹介

料金表

無料相談実施中

資料請求はこちら

トップページへ


ehara.PNG 皆様、こんにちは。
江原会計事務所代表税理士の江原弘義です。
私達は開業依頼、税の申告だけにとどまらず、様々な分野のサービスを提供し、お客様との厚い信頼関係を構築してまいりました。
そして、私たちは、お客様のあらゆるご相談・ご要望により一層お応えすることを第一の基本とした、ワンストップ・サービスの実現を目指しております。

相続の相談を受け付けております。まずは、お電話ください

ご相談・ご質問については、お気軽にお電話ください。

まずは、お気軽にお電話ください。
担当いたします税理士のスケジュールを確認し、ご相談の日時を調整させていただきます。
【電話番号】 0120-952-964
土日の面談希望の方はご調整いたしますので、ご相談ください。


およそ60分の相談では、専門家がしっかりとお客様のお話をお伺いさせていただきます。

もちろん、相談内容に関しては、法的な見地からしっかりとお答えさせていただきます。
_OM33306.JPG
toiawasebn.PNG

toiawasebn.PNG

1.まずはお電話下さい。
denwa.PNG

 

専門家のスケジュールを確認し、ご相談の日時を調整させていただきます
【電話受付】9:00~17:00

土日の面談を希望の方は調整いたしますのでご相談下さい。

2.専門家による相談
mendan.PNG
およそ60分の相談では、専門家がしっかりとお客様のお話をお伺いさせていただきます。もちろん、相談内容に関しては、法的な見地からしっかりとお答えさせていただきます。
 

事務所の詳しい情報はこちら

zyosei2.PNG

事務所紹介

スタッフ紹介

料金表

無料相談実施中

相続ガイドプレゼント

トップページへ